CANDY HOUSE、日本仕様のスマートロック「SESAME mini」–現行機約半分になって登場

米国のクラウドファンディング「Kickstarter」で1億4000万円以上を集めたスマートロックが日本仕様になって登場しました。CANDY HOUSE JAPANは8月28日、日本向けに改良したスマートロック「SESAME mini」を発表したのです。同日から「Makuake」でクラウドファンディングを実施しています。実施期間は11月1日までです。早期割引価格8800円で、遠隔操作ができるWi-Fiアクセスポイント(税込価格:6000円)を同時に購入すると、さらに1000円割引になる1万4800円(早期割引価格は1万3800円)のコースを用意します。AII in形式のため、目標金額に達しなくても商品は提供されるとのことです。SESAMEは、米国シリコンバレーに本社を置くスタートアップです。2015年に設立し、2017年に日本での販売を開始しました。しかし日本の鍵は種類が多く、形状もさまざまです。海外のものとは異なる仕様だったため、日本向けのスマートロックとしてSESAME miniを開発したのです。
詳しくはこちら

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*