PC情報まとめサイト http://www.commentadopterchaton.com Tue, 14 Nov 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 「Xperia X Performance」のスペック http://www.commentadopterchaton.com/2017/11/15/article-20171115/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/11/15/article-20171115/#comments Tue, 14 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/11/15/article-20171115/ 美しいデザインで多くの人に人気を集めているスマホが「Xperia X Performance」です。
ボディとフレームが同じカラーになっていますので一体感のあるデザインになっていますし、滑らかなラウンド形状ですので手に馴染みやすくて扱いやすさも実現させています。
このスマホのスペックはカラーバリエーションはホワイト、グラファイトブラック、ライム・ゴールド、ローズゴールドというアルミの質感を上品に演出する4色が用意されています。
本体サイズは幅約71ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約165gになっています。
バッテリー容量は2,570mAhになっていますし、ディスプレイは約5インチのTFT液晶を採用しています。
カメラは約2,300万画素のメインカメラと約1,320万画素のサブカメラを搭載しており、ソニーならではのテクノロジーで高画質を実現させていますし、自撮りやグループショットも驚きの美しさで撮影することができます。
CPUは高性能なクアルコムの2.2GHz/1.6GHzクアッドコアを搭載しています。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/11/15/article-20171115/feed/ 0
「AQUOS Xx3 mini」のスペック http://www.commentadopterchaton.com/2017/11/07/article-20171107/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/11/07/article-20171107/#comments Mon, 06 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/11/07/article-20171107/ 持ちやすくて操作性が高いスマホに「AQUOS Xx3 mini」という人気スマホがあります。
手が小さい女性でも片手で楽に扱うことができ、デザイン的特徴は滑らかな曲線と側面の直線的なカットラインを採用していることです。
また、クリアな背面加工と側面の金属感が上品さを演出しています。
使う人に優しいだけではなく見た目でも優しさを感じれるのではないでしょうか。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約67ミリ、高さ約135ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約134gという軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ブルー、イエローグリーン、ピンクの5色が用意されています。
カメラは約2,100万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラを搭載しており、インカメラにはフラッシュと広角レンズを採用しています。
ディスプレイは約4.7インチフルHDのIGZO液晶ディスプレイを搭載していますので高精細で自然な色合いの美しい描写で楽しむことができるでしょう。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/11/07/article-20171107/feed/ 0
「androidOne S2」のスペック http://www.commentadopterchaton.com/2017/10/31/article-20171031/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/10/31/article-20171031/#comments Mon, 30 Oct 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/10/31/article-20171031/ 様々なシーンで安心して使用できるスマホに「androidOne S2」という人気スマホがあります。
落下試験をクリアしているから耐衝撃性が高く、強化ガラスとディスプレイを守るフチがついています。
また、防水機能や防塵機能が付いていますし、画面や手が濡れていても操作できるタッチパネルを採用しています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約10.6ミリ、重さ約142gになっており、CPUはクアルコムのMSM8917 1.4GHzクアッドコアを搭載しています。
ディスプレイは約5インチTFT液晶を採用しており、カメラは約1,300万画素のメインカメラと約200万画素のサブカメラが搭載されています。
メインカメラではHDR撮影が可能になっていますのでクッキリな美しい写真が撮れますし、ピント合わせが速い像面位相差オートフォーカスを採用していますので大事な一瞬を撮り逃さないでしょう。
バッテリー容量は安心の2,300mAhになっています。
カラーバリエーションはホワイト、レッド、ネイビーの3色が用意されています。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/10/31/article-20171031/feed/ 0
超ハイスペックスマホ「OnePlus 5」 http://www.commentadopterchaton.com/2017/09/11/article-20170911/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/09/11/article-20170911/#comments Sun, 10 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/09/11/article-20170911/ 超ハイスペックスマホとして注目されているのが「OnePlus 5」というOnePlusの8GB RAM搭載です。
このスマホは約5.5インチの有機EL液晶を搭載しているうえ厚さ約7.3ミリの超薄型ボディに「Snapdragon 835オクタコアCPU」を搭載しています。
更に背面には約2,000万画素と約1,600万画素のデュアルカメラを搭載していますし、前面にも約1,600万画素の高性能カメラと多彩な機能が付いています。
これだけでもハイスペックスマホと言えますのでワクワクして使用してみたくなります。
しかし、これだけではありません。
なんとグラフィックにはAdreno 540が採用されていますので動きが速いアプリやゲームでもストレスなく楽しむことができますし、バッテリー容量は驚きの3,300mAhを搭載していますので安心です。
デザインはシンプルなのが特徴的と言えるでしょう。
また、頻繁に使ったりする重要なアプリをより迅速に立ち上げてくれる学習機能も付いているから便利です。
こうした超ハイスペックスマホを使用する価値は十分にあると思います。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/09/11/article-20170911/feed/ 0
Extreme Plus 90とExtreme Plus 90 は、サンディスクの中級グレードのSDカード http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/29/article-20170829/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/29/article-20170829/#comments Mon, 28 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/08/29/article-20170829/ Extreme Plus 90とExtreme Plus 90 は、サンディスクの中級グレードのSDカードです。カード容量は、64ギガバイトまでの構成です。この点で、どちらかと言えば「一般ユーザー」に向けた製品と言えるでしょう。先ほど書いたように、4K動画でも64GBあれば約2時間の撮影が可能ですから。転送速度は、2017年発売のExtreme Plus 90については読出し最大90MB/秒 ・書込み最大60MB/秒 で、旧モデルのExtreme Plus 80については、読出し最大80MB/秒 ・書込み最大60MB/秒 とわずかに遅くなります。性能面で言えば、これでも十分に「高性能」であり、UHSスピードクラス3正規対応モデルでもあります。製品保証は、先ほどの場合と同じく、【国内正規品】については無期限保証ですが、安い【Amazon限定】製品については、30日間の限定保証です。ただ、先ほども書きましたが、もともとサンディスク製は高品質ですし、アマゾン直売ということで、「正規品」ということも保証されます。なお、正規品については、「レスキュープロ」の1年間無料利用権はこちらでも付属です。同社の製品としては割安です。ただ、64GBなどでいえば、 Extreme Pro 90との価格差はさほどないため、もし、選ぶならば(せっかくなので)上位モデルが良いでしょう。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/29/article-20170829/feed/ 0
今のアイデアを未来の自分に託す  http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/21/article-20170821/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/21/article-20170821/#comments Sun, 20 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/08/21/article-20170821/ 未来メモとは何でしょうか。それは、読み返して発見のあるメモです。そのためにも、まずはメモを取ることが大切です。素晴らしいアイデアも、仕事に使えそうなネタも「絶対に忘れない」と思ったその1分後には忘れてしまうのが人というものです。飲み会でいい話を聞いても、すぐ忘れてしまいます。また、新しいアイデアは「自分の経験」からしか出てきません。アメリカの実業家ジェームス・W・ヤングの「新しいアイデアとは、既存のアイデアを組み合わせたものである」という言葉を知っている人も多いでしょう。でも、やみくもに情報を組み合わせても、新しいアイデアは生まれないのです。思考に行き詰まったときは過去の自分のメモを見る人は多いと思います。メモは過去の自分の思考や感性と出合わせてくれます。過去の自分と今の情報を掛け合わせると、精度の高いアイデアが生まれるのです。あとで役立つメモのつくり方はとてもシンプルです。かならず日付を書くといいでしょう。そして○をつけます。因果関係を意識して「↓」(矢印)を使うのです。吹き出しで、視覚的にイメージを付けます。目的ごとにアイデアを繋げ、このルールを自分でやり続けることができれば、見返したときにいつでも情報を引き出すことができるのです。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/21/article-20170821/feed/ 0
物理キー・指紋認証の新BlackBerry「KEYone」 http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/14/article-20170814/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/14/article-20170814/#comments Sun, 13 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/08/14/article-20170814/ FOXは、物理キーを搭載するBlackBerryブランドのスマートフォン「BlackBerry KEYone」を6月29日に発売しました。価格は6万9800円(税込)です。「BlackBerry KEYone」は、BlackBerryブランドを継承したTCLコミュニケーション製のスマートフォン。OSはAndroid 7.1.1を搭載しし、BBM、BlackBerry Hub、BlackBerry Password KeeperといったBlackBerry製のアプリをプリインストールします。4.5インチのディスプレイの下に、BlackBerryの特徴となった物理QWERTYキーボードには、タッチパネルのような操作でカーソル移動などができる機能を搭載しています。さらに、シリーズ初の指紋認証センサーを搭載します。日本ではFOXが正規代理店として提供していて、初期不良に対する保証やコールセンター・チャットでのサポートを提供します。ディスプレイは4.5インチで、解像度は1620×1080ドット。チップセットはクアルコムの「Snapdragon 625」(2.0GHz、オクタコア)で、メモリーは3GB。ストレージは32GBで、最大2TBのmicroSDXCをサポートします。メインカメラはソニー製のイメージセンサー「IMX378」を搭載し、1200画素でF2.0のレンズを搭載、4Kビデオ撮影をサポートします。また、インカメラは800万画素でF2.2です。LTEのカテゴリー6をサポートし、キャリアアグリゲーションに対応していて、対象周波数(予定)は、FDD-LTEのBand1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/28/29/30と、TD-LTEのBand39/40/41、W-CDMA(HSPA+)のBand1/2/4/5/6/8/19。NTTドコモとソフトバンクのサービスエリアに対応としています。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/14/article-20170814/feed/ 0
スマホのバッテリー「防犯カムカム」はカメラ付き http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/08/article-20170808/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/08/article-20170808/#comments Mon, 07 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/08/08/article-20170808/ スマホのバッテリーは外出先で充電切れになっても、すぐに充電することができますので便利で嬉しいアイテムです。
これだけでも十分に活躍してくれるのですが、他の役立つ機能も搭載していたらもっと嬉しくなります。
そんな多機能のモバイルバッテリーが「防犯カムカム」のオリジナルシリーズです。
このスマホのバッテリーは常識を超えた約10ミリという薄さを実現させているバッテリーとなっていますので、ポケットに入れても気にすることなく持ち歩くことができます。
また、モバイルバッテリーでは考えられないカメラ機能を搭載しています。
小型カメラを搭載していますので動画撮影することができますし、自動監視システムとして使用すれば防犯カメラとしても活躍してくれます。
さらにマイクも付いていますので音や声も録音しておくことができるため様々な場面で活躍してくれるでしょう。
それに、赤外線LEDライトが付いていますので暗視撮影も可能ですし、24時間連続撮影することもできます。
本体の重さは約104gという軽さになっていますので持ち歩きやすいですし、デザインは高級感あふれるマット仕上げのブラックアルミボディになっています。
こうしたスマホのバッテリーは持っているだけでもワクワクすると思います。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/08/08/article-20170808/feed/ 0
「スピードクラス」は、1秒間の最低転送スピードを示す http://www.commentadopterchaton.com/2017/07/19/article-20170719/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/07/19/article-20170719/#comments Tue, 18 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/07/19/article-20170719/ microSDカードには転送スピードを示すスピードクラス(CLASS)表示が必ずあります。 カード自体にスピードクラスの記載がない製品でも、パッケージや商品説明などに記載があります。転送速度を示すスピードクラスは、「CLASS 10」、「CLASS 6」などのように表記されます。それぞれ、「クラス・テン」「クラス・シックス」などと読みます。CLASS 10は、「1秒間に最低でも10MBのデータ転送を保証する」ことを表しています。CLASS 6であれば、1秒間に最低でも6MBのデータ転送を保証するという意味です。現在はCLASS 10の製品が主流なので、積極的にCLASS 10の製品を選びたいところです。30MBの動画を保存する場合は、CLASS 10なら3秒、CLASS 6なら5秒かかる計算です。転送スピードが速ければ、画像・動画のデータ移動にかかる時間がグッと短縮できます。データ量が膨大な4K撮影や高速連写においては、書き込み速度(保存するスピード)が遅いとスムーズに記録ができず、撮影に影響を与えかねません。 転送スピードはとても重要なのです。スピードクラス10(最高クラス)のものを選んでください。Amazonなどの売上ランキング上位の製品であれば、ほとんどがCLASS 10です。念のため、購入の際には「CLASS 10」、「クラス10」などの表記を気にしてください。PC関連製品が充実していないお店では、CLASS 6などの転送速度が遅い製品が販売されている場合があります。それらはAmazonなどで販売されているCLASS 10よりも高価な場合もあり、注意が必要です。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/07/19/article-20170719/feed/ 0
SDカードの正しい選び方とその基準 http://www.commentadopterchaton.com/2017/07/04/article-20170704/ http://www.commentadopterchaton.com/2017/07/04/article-20170704/#comments Mon, 03 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/commentadopterchaton-com/2017/07/04/article-20170704/ 第1に、読出スピードです。これについて言えば、以前は「クラス10・クラス4」など、業界団体が決めた読出速度の基準が「ありました」。しかし、現在、SDカードの性能の向上で、ほぼ全てが、「読み込み/書き込み10MB/秒」を達成しており、基準としてほぼ意味が無くなっています。そのため、各メーカーが自主的に速度の理論値を公表しています。しかし、格安製品の場合、理論値と実測値に大きな差があるのはもちろん、製品の個体差も存在します。また、「読込289MB/秒」などの高価格・超高速製品には、一部偽物も出回っています。そのため、現状では、正規パッケージに入った「国内正規品」を選ぶのが重要になります。第2に、書込スピードです。デジタルカメラやビデオカメラなどの場合は、むしろこのスペックが最も重要です。なぜなら、性能の悪い製品を買った場合、カメラの能力を十分に発揮できないからです。デジカメの場合、読込速度が低速だと、写真や動画の記録が遅くなります。保存動作の長期化、連射撮影のストップなど使い勝手の面で不利です。ビデオカメラの場合、SDカードが遅いと、コマ落ちや音飛びが発生します。また、それに伴って、読み込み/書き込み速度が遅いSDカードは、カメラのバッテリーの消費も多くなってしまいます。こうした現象を回避するためには、コンパクトデジカメや家庭用ゲーム機などの場合、最低40MB/秒以上の読み出し/書き込みができるSDカードを選ぶべきでしょう。ビデオカメラや一眼レフやミラーレス一眼については、90MB/秒クラスの読み出し/書き込みができるSDカードをおすすめします。

]]>
http://www.commentadopterchaton.com/2017/07/04/article-20170704/feed/ 0